メディテーティブ・タッチ セッション

  『触れる』という行為にはとても大きな力があります。一般的なマッサージや整体の施術では、その力を意図的に使うことで、欲しい結果を得ようとします。それが間違っているというわけではありませんが、どうしても施術者が一方的に「術を施す」ということに終始しがち。しかし、それは『触れる』ことが持つ可能性の一面に過ぎません。

 『触れる』という行為は常に双方向的な性質を持っています。私たちが何かに触れるとき、同時にそのものによって「触れられる」ということが起こります。意識しているにせよ無意識であるにせよ、私たちは「触れられる」ことで起こる自分の身体の変化によって対象を認識し、同時に自分自身を認識しています。

 施術の現場でも同じことが起こります。施術者は受け手の身体の反応を感じ取り、それに合わせて自らの身体を変化させる。受け手は施術者の手を感じると同時に自分自身の身体を感じる。この作用に着目して、双方が心身の状態と向き合い気付きを得るための触れ方。それが Samjna で体験していただくメディテーティブ・タッチです。

触れる瞑想​

​色