Samjna१

心と身体の調和

何をしても改善されない身体の不調

何かの拍子に心が軽くなることで

嘘みたいに楽になった経験はありませんか?

逆に心がふさぎ込んでしまうと

身体も重くなりだるさや痛みを感じたりしますよね

同じように

身体の状態や姿勢が知らず識らずのうちに

心に与えている影響はとても大きいものです

わたしたちの心と身体は

わたしたちが思っているよりもずっと密接に結びついています

想のボディワークセッションでは

あなたの身体に丁寧に触れながら

心と身体のバランスが取れた状態を目指します

触れられることであなたが気付いていない心身の状態に目を向け

自然と導かれる自分にとって丁度良い在り方を探っていきましょう

癒やしも健康も美しさもあくまでその結果として捉えています

呼吸や身体の反応に意識を向けて

徐々に深いところまでアプローチしていくため

身体が嫌がる無理な圧や強い痛みを伴う施術は行っておりません

Samjna१२

自己と他者の調和

理想的なセッションに大切なのは

「セラピストが自分の技術や思いを押し付けないこと」

「受け手がリラックスして相手を受け入れられること」

たとえ「癒したい」「治したい」というポジティブな思いでも

​それが強すぎると矢印がずれて

相手の反応に目を向けることが難しくなってしまいます

また  受け手が緊張していたり不信感を抱いていると

セラピストに受け手の心身の反応は伝わりにくくなり

深いところまでアプローチすることもできません

双方がリラックスして

心身ともに預け合えるような関係性に基づいて

互いの想いが調和したセッションを

一緒につくっていきましょう

家族や友人  日常の人間関係においても

これはとても大切なことです

Samjna१२३

想いと現実の調和

『想』(サムヤ) とは事物の認識を表す仏教用語でもあります

「何がしたいのか」

「どう在りたいのか」

「何故それを求めるのか」

無意識の部分にまで目を向け受け入れることで

あなたが真に求める生き方に近付くお手伝いをさせてください

心身ともにリラックスすると

今まで気付かなかった様々な思いや

そこに至るまでの道筋が見えてくるかもしれません